椅子の修理

最終更新: 4月27日

ご近所さんから椅子の修理の依頼がありました。

数十年お使い他社飛騨製椅子でした。



接合部が抜けてきてしまっています。

他は特に問題が無いようなので、

今回は全部ばらして組み直しです。


























側の部分をばらしてみると、

接着剤が全く効いてなく簡単に外れてしまいました。















椅子側部分を

耐水ボンドで組み直しました。

ボンドが乾くまで固定します。

























背もたれ関係もばらします。

こちらも簡単に抜けてしまいました。


ボンドの量がかなり少なかったようです。

ボンドの量は実はかなり重要です。

目に見えず地味な部分ですが、

以前ホゾ組の強度試験した時に、

ボンドの量で強度が何倍も違ってくる結果が

出て驚きました。











部分ごと確実に組み上げで

最終的に背もたれ部分を接合して完成です。






























こちらが完成の様子。


これでまた長く使えるはずです。